期間工AutoPackage

ライン作業で自動的にPackageされるような工場で働くブログ。

契約終了?!プロスポーツ選手のセカンドキャリアで歩むべき道とは・・・?

突如訪れた

 

 

契約終了

 

 

その4文字でスポーツ選手の引退を告げられた。

 

スポーツ選手を引退することになったけど、これからどんな仕事をすれば良いのだろう・・・

 

 

社会に出た経験も無い・・・

 

 

このままスポーツでご飯を食べていくのも難しい・・・

 

 

今後の人生に不安しかない・・・

 

「セカンドキャリア」という言葉を聞いたことがあるだろうか。

セカンドキャリアとは、スポーツ選手などが現役を引退した後に、第二の人生を歩むための新たな職業のことを意味します。

こうしたスポーツ選手たちは、セカンドキャリアとして、できれば現場の指導者やそれに関わる仕事をしたいと願います。

しかし、現実に残れる幸運な人は、ほんの一握りです。

 

プロスポーツ選手のセカンドキャリアの現実とは?

プロスポーツ選手を引退した場合、殆どの方が望むのは、元のチームの職員やスポーツ解説者などへの道です。

しかし、プロスポーツ選手引退後にそのような仕事に就ける人は、意外にそれほど多くはありません。

プロ引退後のセカンドキャリアは一般企業への就職、スポーツ関係のビジネスの起業や飲食店などの経営などのケースが多いです。しかし、高校からすぐにプロの道へ進んだため学歴や資格を持っていない、プロ選手としての高いプライドなどが一般企業への就職を難しくしている現実や起業のための知識不足もあるかもしれません。

また、セカンドキャリアにつけたとしても現役時代は「億単位」で収入を得ていた方たちですが、引退後はそれほど楽ではないでしょう。

実際の収入は500万円前後といったケースもよくある話です。

しかも、その収入も安定していないケースもあるようですから、なかなか現実は厳しいと言えるでしょう。

 

セカンドキャリアで歩むための必要な貯蓄額とは 

プロ野球選手やトップアスリートとして活躍し、現役を引退した方々は、現役時代は相当な収入があっても、引退後は貯蓄がそれほどない…というケースも少なくありません。

サラリーマンでも1,000万貧乏という言葉がありますが、億単位の収入を得ているアスリートでも高級車や豪邸の購入などを繰り返し、入ってくる額が多い分出て行く額も多いのが現実のようです。

 

元アスリートの方のセカンドキャリアはどんな道を歩むのが最適なのでしょうか

引退するまでは、ほぼスポーツしかやってこなかった選手の方々が殆どですので、多くの場合はサラリーマンではなく、自分で何かの事業を興すケースが多いようです。

例えば、先の項でも触れた飲食店をはじめ、IT関連の事業を始めたり、またお世話になったスポーツ関連で恩返しをしようと、スポーツ関係や医療関係の会社を始める人も少なくありません。

 

起業をする場合に、必要なものはなんでしょうか

 

当たり前の話ですが、起業には「資金・知識・資格が必要」という事になります。しかし、元アスリートには貯蓄は勿論、知識や資格がない人も多いようです。では、どうすれば良いのか…

がむしゃらに働き勉強するしかありません!

ここからは、元アスリートの方がセカンドキャリアに向けて、手っ取り早く貯蓄し、知識や資格を習得する方法をご紹介します。

 

引退後のアスリートが注目したい働き方とは?

引退したプロ野球選手などが起業する場合、最低限必要な資金は、おおよそ1,000万円~2,000万円程度と言われています。

土地や建物を購入するのは無理かもしれませんが、店舗を借りたり機材を購入して開業するには、必要な資金と考えられています。

しかし、貯蓄がない場合は短期間で資金を貯め、知識や資格を取得して、起業をすることになります

では、そんな資金不足の元アスリートの方が注目すべき働き方はなんなのか

 

それは「期間工」という働き方です

 

期間工は、期限を決めて1年や2年(最長でも2年11ヶ月)自動車メーカーなどの工場で働く、直接契約社員の事です。驚愕の高収入と満了慰労金などの手厚い報酬が特徴です。

その期間工の気になる貯蓄額ですが、貯蓄額が2,000万円を超えようとしている人も稀ではないんです!

 

例えば「日産追浜工場」で期間工として約3年間働いた場合、

 

  • 給与総額1,064万円
  • 入社祝金5万円
  • 皆勤手当総額140万円
  • 勤続ボーナス25万円
  • 満了慰労金最大186万円

 

が支給されます

 

最大1,415万円程度を稼ぐことができます。

(残業代にも変動があるので、多少増減します)

 

そこから税金や必要経費を引いたとしても

開業資金1,000万円は3年間で達成!!!!

 

 期間工なら、無駄な生活費はかからない 

期間工になると、社員寮に入ることができ、住居費・光熱費が無料になります。

さらに食費の補助、通勤用バスや個室などが用意されているところが多いのも魅力とも言えます。

生活面での支出が抑えられ、移動時間も勉強のためにしっかり取れることになります。期間を絞って働くことができますので、短期間で資金を貯めやすくなります。

このように期間工は、資金と知識を習得できるセカンドキャリアへの準備期間として最適な働き方と言えるでしょう。

 

期間工では学力、前職など見られない!

そんな期間工ですが、実は元アスリートの方が狙いやすい職種である理由がもう一つあります。

 

それは、期間工は「前職や学歴は不問」という点です。

 

特にプロ野球選手などは、高校を出てすぐにプロの世界に入った方も少なくありませんから、学歴がない場合が多いようです。

またサラリーマンとしての経験もない為、一般的な会社では採用を敬遠されたりするケースもあるようです。その点期間工なら、そもそも終身雇用ではありませんので、前職や学歴は殆ど問われません。

面接等で確認されるのは、ずばり

 

本人のやる気!!!

 

体育会系で活躍した元気のよい元アスリートの方々なら、期間工の面接もほぼクリアできる条件は備えている、と言えるでしょう。

 

 期間工は正社員登用もあるので就活をしなくても正社員になれる? 

アスリートがセカンドキャリアへの準備期間として期間工を選んだ場合、その先のことが気になります。

先でも触れた通り、3年程度期間工として働き、資金と知識を取得して起業をする…という流れをお勧めしたいのですが、中には資金は出来たものの、やりたい事業が見つからない…というケースもあるようです。 

その点、期間工なら正社員登用という道があるのも魅力です。

つまり、期間工を満了した後、会社からの推薦を得ることができれば、そのまま大手自動車メーカーなどの正社員になる事も可能なのです。

そこで役立つのがアスリートとして培ってきた体力、集中力や根気強さなのです。体力を使う期間工の仕事難なくこなし、ミスなく働き続ければ、上司からの推薦も、もらいやすくなり、正社員登用にも優位になります。引退後に正社員として働くチャンスを手に入れられることは大きいですね。

 

【実は・・・】失業保険もすぐに受けられる期間工が良い? 

アスリートがセカンドキャリアを考えた時、期間工契約満了後の起業までの空白期間が気になるところです。

そこでは失業保険を上手く活用しましょう!

期間工の場合、雇用保険に加入し、一年以上働いていれば、期間工終了後に待期期間無しで、すぐに失業保険が受けられます

失業保険を活用することで、期間工で貯めた資金に手を付けずにセカンドキャリアとしての自分自身の開業に走り出す準備も行えるところも魅力です。

 

まとめ

セカンドキャリアを考えるアスリートにとって、期間工は次の人生設計の準備期間と考えれば非常に魅力的です。

独立のための資金と知識を貯める選択、正社員として安定して働くための選択など、次の自分の社会的キャリア考える中で、選択肢を広げながら、お金を蓄えることができます。

この時代のアスリートにとって、期間工で働くことは、現役引退後の新しい自分を見つける上で、大きな支援になることでしょう。