期間工AutoPackage

ライン作業で自動的にPackageされるような工場で働くブログ。

セカンドキャリアとして歩むべき道とは・・・?

 

「セカンドキャリア」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。一般的には、スポーツ選手などが現役を引退した後、第二の人生を歩むための新たな職業のことを意味します。

こうしたスポーツ選手たちは、セカンドキャリアとして、できれば現場の指導者やそれに関わる仕事をしたいと願います。しかし、現実に残れる幸運な人は、ほんの一握りです。

さらに、スポーツ選手として長年競技に集中してきたため、社会の一般常識を身につけることや他のキャリアを積むための勉強もしてこなかったでしょう。そのため、ほとんど無防備のままで、知らない世界に放り出されてしまうといっても過言ではないのです。

スポーツ選手としての寿命は短く、またどんなケガや故障、成績不振で現役を退くことになるか、いつも不安に押しつぶされそうになっているといいます。サラリーマンのように、他の部署に移るということもできません。いわゆる「つぶしがきかない」のです。

「営業や接客、ましてや技術が必要な仕事なんと絶対に無理だ」と、華々しかった過去ばかりにとらわれて、せっかくの人生を台無しにしてしまうスポーツ選手がいかに多いことか。

そんなことになる前に、スポーツ選手のセカンドキャリアとして、期間工に注目してみてはいかがでしょう。

 

セカンドキャリアとはそもそもなにか?

 セカンドキャリアというのは、人事労務用語で「第二の人生における職業」という意味になります。広い意味では、定年後や早期退職、脱サラ、女性が育児を終えたあとにキャリアを切り開くことを指します。

セカンドキャリアで特に注目されたのが、プロスポーツ選手の引退後の就職です。とくに、プロ野球選手の場合、高校を卒業して、すぐにプロの世界に入る選手が多く、引退後のセカンドキャリアの問題がクローズアップされています。

他のスポーツ選手でも、企業が丸抱えしていた時代は、引退しても安心でした。しかし、最近では企業の方でも、そうした余裕はなく、引退後の仕事である「セカンドキャリア」について、真剣に考える必要になってきています。

こうしたセカンドキャリアの問題は、スポーツ選手だけではありません。賃金の伸び悩み、リストラ、住宅ローン、教育費の負担などといった経済的な重圧もかかってきて、多くの人が早い段階からセカンドキャリアについて、積極的に考える時代になってきているのです。

プロスポーツ選手のセカンドキャリアの現実とは

では、実際のところプロ野球選手など、プロスポーツの世界で活躍した人というのは、第二の人生としてはどんな仕事をしているのでしょうか?

また、その転職先としては、どんな収入が待っているのか?見ていくことにしましょう。

プロスポーツ選手を引退した場合、殆どの方が想像するのは、元の球団の職員や野球解説者などの職業です。しかし、もともとプロ野球選手などをしていて、引退後にそのような仕事に就ける人は、意外にそれほど多くはありません。

引退後、とにかく「働きたい」「稼ぎたい」という選手が殆どだとは思いますが、そのような選手は雇わないところが殆どです。なぜなら、それほど知名度がない…という選手が多いからです。

したがって、殆どのプロスポーツ選手は、引退後は一般企業に就職したり(中には中小企業もあり)、野球関係のビジネスを自分で起業したり、または飲食店などを経営するというケースも少なくありません。しかし、現役時代は「億単位」で収入を得ていた方たちですが、引退後はそれほど楽ではありません。

実際の収入は500万円前後といったケースもよくある話です。

しかも、その収入も安定していないケースもあるようですから、なかなか現実は厳しいと言えるでしょう。

 

スポーツ選手のセカンドキャリアは、期間工がおすすめ?! 

 期間工は、自動車会社などの企業に直接採用される期間従業員の事です。未経験者でも採用されやすく給料も良いため、人気の働き方です。しかし、実際に働いてみると、一定のペースでどんどん商品が流れてくるため、常に集中して正確な作業が要求されます。休憩はしっかりありますが、作業時間中は継続して機械のように動かなければいけませんので、体力がないとキツイ仕事になります。その点、アスリート(スポーツ選手)であれば、現役時代に鍛えられた体力を活かせますし、集中力も高いため、仕事の評価も得やすくなります。セカンドキャリアの選択として、期間工には向いていると言えます。

期間工では学力、前職など見られない!

スポーツ選手として技術を極めていても、別の仕事での技術や資格は持ち合わせていない事が、現役引退後の悩みになるかもしれません。仕事の技術手当が期待できない不安もあります。そういった部分でも期間工であれば、働くごとに色々な手当てが付き、しっかり稼ぐことができます。

例えばトヨタ自動車では、契約更新時に満了慰労金として報奨金が出ます。3年弱も続ければ、その総額は300万円を超えます。また、赴任手当や特別手当、食事手当まで付きますので、月に20日程度の仕事量でも、年収400万円を超えている人もいます。未経験からでもアスリートとしての体力があれば、しっかり稼げるところは安心ですね。

【寮生活!】無駄な生活費はかからない?! 

スポーツの選手としてのセカンドキャリアとして、現役時代に身に着けた技術を伝えるジムやスポーツ教室を開業したい人も多いでしょう。しかし、そのためには、まとまった開業資金が必要です。その面でも期間工は優れています。期間工になると、社員寮に入ることができ、住居費・光熱費が無料になります。さらに食費の補助も入るところが多いので、生活面での支出がかなり抑えられます。その上で、期間を絞って働くことができますので、短期間に資金を貯めやすくなります。また、アスリートであれば、遠征や合宿などで寮生活にも慣れていますので、仕事を集中して行う環境にも適応しやすいですね。

期間工は正社員登用もあるので就活をしなくても正社員になれる? 

セカンドキャリアとしてアスリートが期間工を選んだ場合、その先のことが気になります。スポーツ選手生命が引退によって失われても、社会で生活していくためには安定した仕事が必要です。できれば、正社員として長く安定した環境を手に入れたいところでしょう。その点、期間工からは、長く働くための正社員登用という道があります。正社員登用試験では、普段の仕事の評判や評価が加味されます。体力を活かしたアスリートであれば、仕事量もこなせますし、集中してミスなく働き続ければ、正社員登用にも優位になります。引退後に正社員として働く環境を手に入れられることは大きいですね。

 

稼ぎたい人が注目する、驚愕の期間工の貯蓄額とは?

では、実際のところ、期間工として働いた場合は、どれくらいの貯金が出来るのでしょうか?とにかく稼ぎたいという事で応募する期間工ですから、その貯蓄額の実態は非常に気になります。

その気になる貯蓄額ですが、正直なところ、期間工の方々により様々です。しかし、期間工の口コミやブログなどを見ていると、貯蓄額が2,000万円を超えようとしている人も稀ではありません。それもそのはずです。期間工として働いた場合には、年収で400万円程度を稼ぐことができます。そこから税金や食費などを引いたとしても、恐らく250万円~300万円程度は手元に残ることになります。例えば、1年で300万円を貯金できたとすると、3年で900万円の貯蓄額となります。確かにスポーツ選手として現役で稼いでいた時代は、年収1,000万円とか2,000万円の時代もあったと思いますが、その一方で出費もかなり多く、実際にはそれほど貯蓄はできなかったというケースも多く聞きます。その点、期間工はもらった給料の殆どを貯金できるので、実際のところはスポーツ選手時代よりも、貯金ができるとうケースも少なくないのです。

 

【実は・・・】失業保険もすぐに受けられる期間工が良い? 

スポーツ選手(アスリート)がセカンドキャリアを考えた時、期間工で働いて契約満了してから、次を考える空白期間が気になるところです。そこでは失業保険を上手く活用します。期間工であれば、一年以上働いて雇用保険に加入していれば、契約満了後に待機期間無しで、すぐに失業保険が受けられます。期間工で貯めた資金に手を付けずに、生活面では失業保険を活用して、セカンドキャリアとしての自分自身の開業に走り出す準備も行えるため、自由度が高いところが魅力ですね。

まとめ

 セカンドキャリアを考えるスポーツ選手(アスリート)にとって、期間工は次の人生設計のトレーニング期間として、非常に魅力的です。独立のための開業資金を貯める選択、正社員として安定して働くための選択など、次の自分の社会的キャリア考える中で、選択肢を広げながら、お金を蓄えることができます。この時代のアスリートにとって、期間工で働くことは、現役引退後の新しい自分を見つける上で、大きな支援になるでしょう。