期間工AutoPackage

ライン作業で自動的にPackageされるような工場で働く40代のブログ。

株式会社アウトソーシングなどの派遣社員を考えているなら、期間工の求人も検討する価値アリ? 

株式会社アウトソーシングのような人材派遣会社経由で、製造業での仕事を考えているなら、期間工の求人も検討してみる価値があります。

例えば、自動車メーカーの生産ラインで仕事をしているのは、正社員もいれば、アウトソーシングのような他社からの派遣社員や、メーカーに直接雇用されている期間工(期間従業員・期間社員)もいます。

正社員は別にしても、派遣社員と期間工とでは、どちらがより賢い選択になるでしょうか。

 

 株式会社アウトソーシングなどからの派遣社員と、期間工の求人との違いは何だろう? 

派遣社員と期間工は、雇われる人がどこの会社と契約しているかが異なります。

株式会社アウトソーシングをA社、勤務先をB社として比較的してみましょう。

派遣社員の場合、求職者が人材派遣会社Aに登録し、このA社に選ばれて他のB社に派遣されて働きます。

B社とは直接雇用関係がないのが派遣社員です。

期間工の場合、勤務先のB社に直接雇われている契約社員となり、B社の規定した福利厚生を受けることもできるのが特徴です。

さらに期間工は労働法に規定のある雇用契約なので、途中で解約された場合も社会保障の対象になりますが、派遣社員は民法に定める請負契約なので社会保障の対象になりません。

こんなにも雇用形態が違う派遣社員と期間工ですが、同じ工場で同じ仕事をすることがあります。そこで給与や待遇などはどのような差があるのか見ていきましょう。

 株式会社アウトソーシングなどからの派遣社員より、期間工の求人の方が待遇面では有利か? 

同じ業務をしていてもアウトソーシングなどからの派遣社員の場合、給与は雇用主から一旦派遣会社に支払われることになります。

そこから派遣社員の取り分が支払われるので中間マージンを差し引いた額が派遣社員の給与になります。

もともとの時給や日給が高く設定されていれば派遣会社の短期的な給与は高くなることもあることが多いようです。

さらに派遣社員の場合多くは期間工の派遣に登録した際に、期間工応援キャンペーンとして入社祝い金が支払われるケースが多くあります。

こうした金額は派遣会社によって大きく異なります。

この祝い金は入社後にいただけるものになるので、本当に短期で働いてやめたいと思っている方は派遣社員のほうが多くお金を稼ぐことができます。

ですが期間工の給与は直接雇用主から支払われるので、同じ金額を支払っているとすれば期間工の方が受け取る給与はもちろん高くなります。

期間工は他にも雇用側から直接期間満了金や慰労金など各種手当が付く企業が多いため、長期的な年収でみると期間工の求人が断然優遇されているといえるでしょう。

 株式会社アウトソーシングなどからの派遣社員より、期間工の求人の方が寮でも恵まれる? 

期間工の求人は寮付きで出ていることが多く、寮費は光熱費も含めて無料もしくは1~2万円程度で、多くの場合食堂を完備していたり、食事補助などもあり、生活費がほとんどかかりません。

そのため期間工として働くあいだは稼いだお金を貯金しやすいといわれています

アウトソーシングなどからの派遣社員の場合はそうはいかず、寮費・光熱費は有料のケースが多いのが実情です。

期間工の仕事は非常に体力仕事なので、寮に帰ってもすぐに寝るというケースがよくあります。

なので、光熱費が自腹だとしても家に帰っても何もしないので、平日の光熱費はほとんどかからないにも等しいでしょう

さらに期間工は直接雇用なので各種手当が付き、社会保険にも加入できます。

また年金も厚生年金になり将来の年金額が国民年金だけの場合より多くなるなど派遣社員より恵まれている環境で生活できます。

 株式会社アウトソーシングなどからの派遣社員より、期間工の求人なら正社員登用制度もある? 

アウトソーシングなどからの派遣社員が正社員登用されることはまずありませんが、直接採用の期間工には多くの企業が正社員登用制度を設けています。

もちろん勤務態度の評判・評価が良いことが第一条件となり、学科試験と面接試験を合格することで、正社員としての機会が与えられることになります。

工場で他の人の模範となるような働きを評価されて、さらに働きながら学科試験の勉強もできて期間工から正社員になれるこのチャンスはとても魅力的ですね。

例えば期間工からの正社員登用に最も力を入れているメーカーはアイシンAWだといわれており、過去数年に毎年220~679名の期間工が正社員登用されている実績があります。

ですので、どうしても正社員になりたい!という方は期間工のほうがおすすめとはなっていますね。

 株式会社アウトソーシングなどからの派遣社員より、期間工の方が失業保険の受給でも有利? 

派遣社員が自ら契約を断った場合には失業保険の受給に三カ月の給付制限がついてしまいます

また派遣先の会社都合で解雇されてもアウトソーシングなどの派遣会社が次の仕事を用意したら会社都合にならないことが多く、失業保険が適用されないケースがほとんどです。

それに比べて期間工は有期契約なので、原則1年以上雇用保険に加入していれば辞めたときにハローワークに離職票をだし七日間の待機期間を待てば失業保険をすぐに受給できるうえ、三カ月の給付制限もないのが派遣社員との大きな違いです。

さらに会社都合での解雇になるときも、契約満了で自ら契約更新を断っても適用されるので期間工として働いていれば失業した際にもかなり有利な条件といえるでしょう。

こうした高待遇の良さは期間工を雇用するのが大手自動車メーカーという点にあります。

大手自動車メーカーでは、労働者に対し何らかのミスがあったり、社会的に問題が発生することを大変恐れます。

その理由としては、このような問題が発生しても会社の利益になることはないからです。

なのでしっかりとした福利厚生のもと契約を行えるのです

まとめ

株式会社アウトソーシングなどからの派遣社員と直接雇用の期間工とではどちらが賢い選択なのか?

ここまで読んでいただければまず皆さんに納得していただけると思います。

たしかに短期間だけと決めているならば派遣社員のほうが賢い選択でしょう!

ですが期間工として働くほうが、直接雇用であるため待遇や手当が断然恵まれており、さらには将来の年金の受給額まで変わってくる。

さらに生活費もあまりかからずに貯金のしやすい職場だとすれば期間工の求人は絶対に検討してみる価値がありますね!