期間工AutoPackage

ライン作業で自動的にPackageされるような工場で働く40代のブログ。

【必読!】日産自動車の派遣をしたい方向けの必要な情報をまとめてみた!!

働き方って人それぞれですよね?

正社員として働く以外にも,パートやアルバイトはもちろん,日雇いの仕事なんてものもあります。

派遣という働き方もありますよね。

「派遣切り」など,一時期ネガティブなイメージで捉えられてしまった派遣ですが,今その派遣という働き方が見直されてきています。

それで今回は日産自動車に派遣として働くことを真剣に考えている方に,派遣の良い面悪い面,さらに日産で働くってどうなのよ?なんてところまで,ぶっちゃけてご説明します。

ぜひ参考になさってください!

 

 間接雇用か直接雇用が日産自動車だとどっちがいいの?!

 さて,日産に派遣で働くことを決意する前に,考えていただきたいことがあります。

それが派遣(間接雇用)と直接雇用のどっちが得か?という問題です。

実は同じ日産で働くにしても,派遣と直接雇用では条件面で色々違いがあるんです。

派遣会社は派遣会社と契約を結び,日産で働いてもお給料は派遣会社から支払わます。

一方直接雇用はメーカーと直接雇用契約を結び,ある一定の期間働く契約社員という立場になります。

派遣社員は派遣会社が中間マージンを取るため,直接雇用が良いんじゃないの?と思うのは自然な考えですが,実はそうとも言い切れないのが難しいところなんです

例えば,大きな違いは給与面に表れます。

これはある工場の例ですが,直接雇用だと日給で9200円,一方派遣は時給で1450円と大きな違いがあります。

じゃあ派遣の方が絶対得じゃん!となるわけですが,手当となる契約満了金は直接雇用だと3ヶ月で21万円,派遣は12万円と逆転してしまうんですね。

ですから,働こうと思っている会社の派遣と,直接雇用の条件面をしっかりチェックすることが大事になってくるわけです。

では日産の派遣の条件ってどうなのか?じっくり見ていきましょう。

【おすすめの派遣会社の紹介】日産自動車でこれから働こうとしている方へ!

 まずは日産自動車が100%出資している人材派遣・人材サービス会社の株式会社プロスタッフさんの求人です。

九州にある会社のため,派遣先も福岡にある日産の工場になります。

気になる給与は時給が1500円,6月入社限定で特別入社祝い金が43万円,3ヶ月ごとに9万円の満期慰労金,毎月交代勤務手当2万6千円,昼食補助手当として毎月1万5千円,赴任手当・赴任旅費・帰任旅費支給ありと充実の内容。

さらに寮費は水道・光熱費も含めて完全無料ですから,遠方からでもしっかり働けます。

また,株式会社ORJさんの求人も魅力的です。

勤務先は神奈川県の横浜と横須賀市。

横浜工場勤務の際の条件は,時給は1200円で3ヶ月終了時の満期慰労金が19万円,皆勤手当が8万円/2ヶ月,赴任手当2万円,食事代補助が3万円となっています。

もちろん,水道・光熱費も含めた寮費は無料で,社会保険完備,残業・深夜・休日手当あり,有給休暇も取得可能です。

ただ,ORJさんは派遣業ではなくて人材採用を代行している会社のため,面接・採用はORJさんが行いますが,実際の雇用は日産自動車になるようです。

 このように,日産自動車は派遣と言っても出資子会社を用いたり,面接・採用はアウトソーシングで雇用は直接と,自社で契約社員もしっかり雇用するという姿勢がうかがえますね。

【こんなにも良い所!】日産自動車へのアクセス

派遣で気になるのは,実際どこに派遣されるのか事前に分からなくて不安,という点があります。

でも,日産の工場なら赴任先は前もって分かるので,その点は安心ですよね。

株式会社プロスタッフさんと契約した場合,赴任先は福岡県京都郡苅田町となります。最寄り駅はJR苅田駅ですね。

こんな田舎で働くなんて嫌だ!なんて思わないでください。ここのポイントはズバリ寮なんです。

十分な広さの部屋はもちろん個室。大きな湯船のある浴場にはなんとサウナまで完備。コンビニやスーパーも近くにありますし,あまりに居心地がよくて,ここで働き続ける人もいるくらいなんです。

車が持ち込み可なのも嬉しいところで,休日も自由に過ごせそうですね

一方,ORJさんに採用された場合の赴任先は横浜,もしくは横須賀という文句のつけようのないロケーション。何しろ都内まで電車で1本ですし,もちろん横浜・横須賀自体が素敵な街であることは言うまでもありません。

アフター5は横浜,週末は東京でと,思う存分羽を伸ばして仕事の疲れを癒やすことができますね。

そんな日産自動車で派遣を行うと仕事の内容ってなにするの?

とは言っても,実際にどんな仕事をするのか?

給与や赴任先以上に気になる所ですよね。

工場によって細かいところは異なりますが,日産の工場での作業工程は大きく言って,プレス,組み立て,塗装,エンジン製造,車体組立,検査に分かれます。

どの部署に配属されるかで,もちろん作業内容は異なりますが,契約社員には配属先を選ぶことはできません

こればっかりは実際に配属されないと分かりませんし,工程内によっても作業内容は多岐にわたるので,一概にどの部署が良いとも言えないんですよね。

そして実際に配属されると分かると思いますが,実は工場で働く人の多くは派遣ではなく,期間工として働く人たちです。

期間工とはメーカーと直接契約を結ぶ契約社員で,最初に述べたように条件面で派遣とは色々違いがあります

例えば失業保険。期間工の場合は仕事を辞めたときの3ヶ月という給付制限がありません。ハローワークに離職票を出せば7日間の待機期間だけで失業保険を受給することが出来ます。

一方,派遣社員の場合は,自分から辞める場合(契約破棄)は3ヶ月という給付制限が付きますし,会社都合で解雇された場合も派遣会社が次の職場を提供した場合,それを断ると会社都合退社とはならないことが多いそうです。

 時給の高い派遣で働くか,それともそれ以外の条件が手厚い期間工として働くか,実に悩ましいところですが,契約期間後のことまで考えると,期間工として働くことも十分メリットがあるんですよ。

 【まとめ】

いかがでしたか?

 「働き方改革」

なんてことも言われてますが,実際に体を使って働くのは自分自身です。

 派遣として働くにしても,期間工として働くにしても,日産の工場で働くには給与面・条件面を見ても,とても魅力的な職場です。

特に日産自動車は直接雇用に力を入れている様子が見受けられるので,期間工として働くのも十分「アリ」だと思います。

実際に多くの人が期間工として働いて,しっかりお金を稼いでらっしゃいますから,日産で働くには派遣しかない,と思い込まないでくださいね。

ぜひ自分で,派遣と期間工の条件を納得いくまで見比べることが大切です。

ぜひ今回の記事を参考にして,自分にあった働き方を考えて,日産でしっかり稼いじゃってください!