期間工AutoPackage

ライン作業で自動的にPackageされるような工場で働く40代のブログ。

派遣会社ワークアップの4つの質問!!【体験談あり!!】

 みなさんは「ワークアップ」という企業をご存知でしょうか? ワークアップは大阪にある人材派遣会社ですが、超大手企業とも取引をしている、人材総合サービス業の会社です。

 関西地方や他の地方で仕事を探している場合、自分で企業の募集要項などをチェックして個別に面接を受けるのも一つの方法ですが、ワークアップのような派遣会社を経由して、仕事を見つけるほうが、なにかとメリットがあります。

 今回は、そんなワークアップという会社について、さらにワークアップに登録して、どんな仕事に就くのがベストなのか?という点に至るまで、詳しい情報をお届けします。

ワークアップってどんな求人を扱っているの?!

 まず、ワークアップは数ある人材派遣会社の中で、どのような会社なのでしょうか?

 ワークアップの正式な会社名は「株式会社ワークアップ」と言い、本社は大阪市の阿倍野区にあります。主に、製造業を中心とした大手企業と提携しており、常に豊富な募集案件を用意してくれています。

 派遣会社を選ぶ際に、最も注意すべきなのは、その派遣会社が「どれくらいの数のクライアントを持っているか?」という点です。つまり、派遣会社がどれだけ立派でも、その会社が派遣できる取引先、つまり派遣先がなければ、いくら派遣登録をしたとしても、いつまで経っても仕事はありません。

 その点、ワークアップは以下のような大手企業とも取引をしているので、派遣先の企業紹介には困ることがありません。それだけたくさんの仕事があるという事です。

(ワークアップの取引企業一例  三洋化学工業株式会社・第一樹脂工業株式会社・ドギーマンハヤシ株式会社・ニチアス株式会社・日立金属工具鋼株式会社・丸紅テレコム株式会社など) 

ワークアップって他の派遣会社と比べて評判は良いの?悪いの?

 では、ワークアップの会社の評判は、実際のところはどうなのでしょうか?

 その評判をチェックする前に、覚えておいて欲しいことがあります。それは「どんな派遣会社の口コミも賛否両論がある」という事です。正直なところ、ワークアップで良い仕事が見つかった人は、良い口コミを書くでしょうし、逆の方はネガティブな書き込みをします。

 「ワークアップで仕事をしたけど、すぐに派遣期間が終わって、次の仕事が見つからない…」という口コミもある一方で、「製造関係の仕事に就けて、しかも給料がいい!さらには手に職もつける事ができた!」というポジティブな意見もあります。

 先の項でも触れた通り、派遣会社の強みは「どれくらい豊富な派遣先を紹介できるか」という点にあります。また、せっかく紹介してもらえた企業でも、派遣期間が短く、3ヶ月程度で派遣が終了したというケースもよく聞きます。

 その点では、ワークアップは数多くの大手製造メーカーと取引をしていますので、継続して仕事の紹介を受ける事ができるというのがメリットです。

実際にワークアップを活用する方にきいてみた!

 ここからは、実際にワークアップに登録している方の体験談を聞いてみたいと思います。

 まず、ワークアップで派遣登録をしている方の体験談で最も多いのが、「実際に派遣先で働いてみたけど、思ったような仕事ではなかった」というものです。これは、ワークアップに限らず、どこの派遣会社でも起き得ることなのですが、派遣先の企業の内情はなかなかわからない為に、いざ仕事をしてみると、想像よりも厳しかったとか、人間関係が悪かったと言うようなケースが発生するのです。

 その点、ワークアップは豊富なクライアントと長期にわたって契約をしているので、派遣先の事情もよくわかったうえで紹介をしてくれます。その結果、派遣スタッフと派遣先とのミスマッチが発生して、すぐに退職をしてしまう、という事が少ないのです。特にワークアップが数多く取り扱っている「製造業での期間工スタッフ」という職種は、ワークアップが最も得意とする分野です。派遣先もできるだけ長期で働いて欲しいという要望がありますので、すぐに派遣期間が終了するといった事もありません。

ワークアップで派遣するなら期間工がおすすめ!!

 では、先の項でも触れた期間工という仕事はどんな点がおすすめなのか?もう少し深堀りしてみたいと思います。

 期間工とは、6ヶ月や1年、2年というふうに期限を決めて働くスタイルとなります。重荷製造スタッフとして、製造ラインにたって作業をする事になります。ワークアップでは、製造スタッフ以外にも様々な仕事の紹介をしてくれますが、ワークアップで派遣登録して仕事をするなら、特に期間工がおすすめです。

 それは、比較的時給が良いという点と、仕事とプライベートをしっかり分けられるという点です。工場での製造ラインで仕事をする場合は、常に機械が動いていないと仕事はできません。機械を動かすにしてもある程度の費用がかかりますので、企業は思い付き稼動を延長したりするという事はあまりしません。もちろん残業などはありますが、その残業も前もって告知されたりしますので、営業スタッフのように予期しない残業が急に発生したり、顧客とのトラブルでストレスを抱えたりという事も一切ありません。期間工は、仕事をする時はがっつり働いてがっつり稼ぐ!、休む時はしっかり休む、というふうに、生活をきっちり切り分けることが可能なのです。

 その点では、やはりワークアップで期間工として働くことをおすすめします。

【まとめ】

 今回は、ワークアップという人材派遣会社に関する情報と、ワークアップで派遣登録をして仕事するうえでの注目したい職種について、詳しくご紹介しました。

 派遣スタッフとして働く場合には、派遣先の企業事情や仕事内容を事前にしっかり把握したうえで、仕事に臨むことが重要です。その点、豊富な経験を持つワークアップなら、最適な条件の期間工としての仕事を豊富に紹介をしてくれます。今回ご紹介した記事を、是非今後の仕事選びの参考にしていただければと思います。