期間工AutoPackage

ライン作業で自動的にPackageされるような工場で働く40代のブログ。

【こんな方法があったのか!!】ホンダの自動車工場で働くために…

『HONDA』~大のクルマ好きならこのローマ字の並びにすら興奮を覚えるでしょう。

世界最高峰のモータースポーツ・F1に、クラフトマンシップを注ぎ込んできた企業が、

メイドインジャパン・ホンダです。F1挑戦を頂点としながら、人気のフィットやN-BOXなどメインユーザーへの幅広い車種ラインアップの提供、自動2輪のカテゴリーまで、その圧倒的な技術力で支持を得るホンダ(正式名称:本田技研工業株式会社)における就職や雇用形態、仕事内容についてご紹介させていただきます。 

ホンダの自動車工場の場所は埼玉にある!!  

F1の舞台で戦ってきた最高峰の技術力を、最高のクルマへとパッケージするための秘密が、国内7か所で稼働する、ホンダの生産工場および製造部署。中枢の役割を果たす、クルマとエンジンの双方を手掛けているのは、

埼玉県の埼玉製作所・狭山完成車工場(http://www.honda.co.jp/saitama/sayama/)と

寄居完成車工場(http://www.honda.co.jp/saitama/yorii/)及び三重県に位置する

鈴鹿製作所(http://www.honda.co.jp/suzuka/)の3拠点。ハイブリッドや高級車、

ワゴンなどタイプごとにラインをセパレートして、日夜その生産効率と品質の向上に取り組んでいます。

これ以外で目を引くのが、企業発祥の地・静岡県に居を構える「トランスミッション製造部」なるものの存在(http://www.honda.co.jp/hamamatsu/

一般顧客に向けたクルマのオートマチックミッション製造はもとより、バイクなどの2輪車や船舶向けに至るまで、この専門箇所を根城に、妥協を許さないホンダクオリティとしての研究開発と供給が、絶え間なく行われています。この他熊本や栃木にも工場や拠点が存在していて、各工場のHP上からは工場見学の申し込みも可能となっています。 

ホンダの自動車工場で働く人たち

世界クオリティ・ホンダで働いている人の経歴や仕事内容、興味が湧くのではないでしょうか。公式サイトでは『社員インタビュー』として、生産部門や営業職、研究開発の職に携わるっている方を紹介しています。心臓部ともいえる生産技術部門で働かれる。2005年入社の藤崎昭夫さんは、工学部材料学科という専門カテゴリーの大学を卒業。

記事によれば、ホンダで働きたいという意思は、何と小学生のころから決めていたというから驚きです(http://www.honda-recruit.jp/people/staff_tech.php/)。

用意周到な勉学という準備、確固たる決意とで就職活動にてホンダの門を叩き、その夢を現在実現されていらっしゃるのでしょう。ちなみに2015年のホンダの大学別就職者数を調べてみると、国公立大では東京大学から4人・京都大学からは10人、大阪大学からは11人、名古屋大学から12人、私立大では早稲田大と慶大を合わせた“早慶組”が35名、明治大学が9名、中央大学からは7人と、世間でいうところの高学歴組、その中でもトップクラスが、大方の採用を勝ち取っている現状で、就職倍率は100倍を超えるとも推定される状況です。同業他社のライバル・トヨタにおいても採用者数はホンダを若干上回っているものの、ハードルの高さは同様に双璧。やはり日本を代表する自動車メーカーでの勤務は、容易くないという現状がうかがえます。

ホンダの自動車工場で働く仕事内容

名だたる技術力に加え、フィットなどに代表される人気の低燃費ハイブリッドモデルなど

次々と世にヒットモデルをデビューさせているホンダのラインナップ。その供給の源となる工場勤務における仕事の一面と、職場スタッフのマンパワーを支える、充実の福利厚生面などはどんなものか…。フリードやステップワゴンなど人気車種を製造する埼玉県の埼玉製作所では、主に工程を5つに分類して作業が行われています。そのひとつ目が、自動車の外観を成型するプレス作業。その後に第2工程の溶接へと移り、精密部分の接合などが施されます。次に行うのが車体への塗装。噴射ムラや色落ちなどが発生しないかなどを入念にチェックした後、4工程目となる完成車の組立、最終工程への完成車検査という流れが、一通りのルーティンとなっています。正社員だけでなく、様々な雇用形態のスタッフが日々業務に汗を流す中、より快適な福利厚生面が提供されていることも、卓越した商品価値を世に送り出し続ける大きな根拠の一つ。無料の寮費及び水道光熱費用、冷暖房完備の1人部屋、食事補助手当の支給に有給休暇。各種社会保険も完備。ホンダが魅力あるクルマとともに、スタッフへと提供しているこれらの好待遇はほんの一部で、も正社員ではない有期雇用契約者にも付与されているのです。それが次にご紹介する、正社員への道も拓かれている『期間工』なのです。 

実はある方法でホンダの工場で働ける?!

自ら期間を決めて、しっかり働いてタップリ稼げるのがこの『期間工』。マンパワーの確保と優秀な人材の発掘を目的に、ホンダをはじめトヨタ、日産などの大手自動車メーカーでは、すべてこの『期間工スタッフ』を期間従業員として募集しています。先ほどご紹介した待遇面の好条件はその一部で、寮費及び水道光熱費は無料、交代制勤務手当や赴任帰任の旅費支給、新生活立ち上げの準備金制度や食事補助など、手厚い条件が用意されています。日給は10,200円からのスタートで、在籍期間に応じて昇給もあり、月収例では月21日勤務でおよそ24万円から28万円程度と高水準。勤務時間は3交代制で、休日はプライベートにもうれしい、カレンダーに沿った土・日の週休2日制で、ゴールデンウィークや夏季・冬期休暇も別途設定されています。最も気になる給与面とその他の福利厚生については、満了一時金が3か月ごとに支給され、最大で何と累計184万円。今年6月から入社一時金も用意され、これ以外にも生活立ち上げ準備金として2万円。通勤者にはガソリン代も支給され、社員価格の食堂も利用できるほか、食事補助手当としての月1万3000円支給など、これに無料のワンルーム寮&光熱費無料という条件は、まさにこれでもかというような充実の待遇。その上、勤務内容と実績に応じた『正社員登用制度』も設けられていて、昨年もこの制度で、夢の一流企業正社員という地位を手にした期間工職員も存在しているのです。超一流の大卒でなくとも、今の貴方のヤル気次第で、大きな報酬とステップアップのそれぞれを実現させてくれるチャンス、それが期間工という働き方です!

〈まとめ〉

以上が、日本を代表するクルマメーカー・ホンダにて、期間工から働き始めるにあたってのメリットと、その先の『正社員登用制度』へアプローチするポイントです。大企業だからこそ実現する優れたな雇用環境や好待遇と福利厚生、そして何より、自分のヤル気次第で『お金を稼げる&正社員登用への挑戦』という機会がセッティングされています。今後の人生キャリアのポールポジションを目指して、あなたもホンダの期間工へとハンドリングするチャンスです!