期間工AutoPackage

ライン作業で自動的にPackageされるような工場で働くブログ。

【愛知県】トヨタの工場で働くとこんないいことがあった!?

どこもかしこも聞こえてくるのは景気の悪い声。

これでは気分も萎えてしまいますし、やる気も低下していってしまいます。

しかも、大きな企業の倒産報告なども相次いでいます。

国民的なお菓子が食べられなくなったり、変化が激しすぎて不安になります。

そんな時に、安定して仕事のある職に就きたいと思うのは人の常。

しかし、手に職をつけたりスキルや資格を身に付けたりするのはやはりそれ相応の努力や意志が必要になってきます。

そこで、今回はその努力や意志を養うための仕事を選んだ人たちの話をしましょう。

愛知県のトヨタの工場はいくつある?

愛知県は世界のトヨタと関係して、工場がたくさんあります。

トヨタ以外の車産業の工場や、車の組み立て部品を作っている工場も数多く建てられています。

トヨタ以外の工場で有名なところを挙げると、デンソー、アイシン、ニッコー、日本ガイシなどが挙げられるでしょう。

他にも大小さまざまな工場があり、選ぶのが難しいほどです。

この工場勤務というのが努力や意志を養う仕事の1つと言えます。

何故か。それは、この工場勤務は基本的に仕事がなくなって路頭に迷うという状況に陥りにくい職種だからです。

また、工場勤務は意外と残業が少なく自分の時間を持てるからです。

しかも、2~3年しっかり働いて夢をかなえたい!

と考えている若者が集まりやすく、いろいろなところから刺激を受けるのです。

夢をかなえるには環境から。これは、プロスポーツ選手や有名な経営者たちも口をそろえて言っていることなのです。

さて、工場勤務と一口で言ってもその内容や待遇はそれぞれです。

今回は世界のトヨタの工場勤務について考えてみましょう。

トヨタの工場は愛知県に9つあります。

この中には、車そのものを組み立てる工場だけでなくモーターやエンジンを組み立てる工場などもあり、

工場勤務=キツイ肉体労働という構図もかなりなくなります。

ある工場では、女性の比率が3割あるところもあるほど。そういう意味では性差も気にする必要はありません。

また、インターネットの記事を見ている方々は、やはり住まいが愛知県から遠いという場合もあるかと思います。

そういう場合に出てくるのが期間工という考え方です。

期間工とは??

期間工とは、昔は季節工と言われたこともある様に、

一定の期間(最低4か月~最長2年11か月)、工場の近くの寮に入り仕事をするというものです。

この寮は安価で提供されていることが多く、光熱費がタダになったり食事がついたりと、お金を残すにはもってこいの職種と言えます。

トヨタの場合、この寮がかなりしっかりしており、

場所によってはサウナがついていたりオートロックになっていたりと、普通の会社ではちょっと考えにくい待遇が待っています。

また、当然ですが女性専用の寮もしっかりありますので、そこはご安心ください。

給与や待遇は?

そして、やはり気になる給料と待遇についてです。

まずは待遇ですが、一般的な福利厚生は全て完備されていると考えてもらって構いません。

また、基本的に残業代はしっかり出ますし、そもそも残業があまり発生しません。

1年間の平均残業が月10時間を切る工場もあります。

これは、工場勤務は基本的に肉体労働なので、疲労がたまった状態で仕事をした結果、思わぬ事故につながる可能性を出来る限り減らそうという発想から来ています。

ですので、しっかりとプライベートと仕事を分けて、プライベートの時間を作ることは十分にできる環境です。

また、正社員登用については、2015年に387人、2016年には500人も期間工から正社員に登用しています。

これは、だいたい、トヨタの期間工全体の20%ほどの数になります。

これは、他の企業と比べてもはるかに良い待遇です。

中には正社員登用をしていない企業もありますので正社員登用に興味がある方は注意してください。

日給が上がっているトヨタ

2016年にトヨタは業績が好調だったことも有り、日給が上がっています。

加えて、支度金という形で入社の際にはお金が支払われたり契約満了時のボーナス(トヨタでは一般的に半年ごとの更新)が支払われたり、

超過勤務手当、深夜勤務手当、時間帯手当といった各種手当も当然支払われます。

この契約満了金が半年ごとというのは、トヨタの最も注目すべき特徴です。

ある期間工によると年に休日出勤を2日、残業は月20時間以下で、手取りが350万円近くになっていたそうです。

これは手取りなので、当然健康保険や年金、所得税などは控除された金額になります。

これで寮生活なので、月々10万円ほど使っていたとしても200万円以上は余る計算になります。

ある期間工は、年に300万円以上貯めた人もいる様です。

3年もしっかり働けば1,000万円も夢ではないことがわかると思います。

1つだけ注記します。入社支度金についてですが、派遣会社を通すともらえる額が上がる可能性があります。

もし、転職サイトなどに登録しているのなら、そのエージェントに確認してもらった方がお得な場合が多いようです。

職場の人間関係は?

肉体労働と聞くと、粗いコミュニケーションを想像する人もいるかと思いますが、意外と優しいというのが現実のようです。

これは、職場に意外と女性がいるということと共に、やはり大企業のトヨタ、セクハラやパワハラなどに厳しいという側面もある様です。

専用の相談窓口もそれぞれ工場ごとにあり、また社員の方も体調や仕事の進め方などかなり気を遣ってくれるので、自分のペースで働けます。

他にも、同じ寮で友達になった人たちが、夜に部屋で飲み会を開いていたり、

先輩と一緒に毎晩飲みに行くような人たちも現れるなど、人間関係はかなり良好。

特に期間工は、目標を持ってやってくる若い人がたくさんいるので、出会いや友達を作る機会も非常に多いのが現状です。

確かに慣れるまでは大変な部分もありますが、それはどの仕事でも一緒です。

工場勤務も、別段、他の仕事と比べて特別なことは何ひとつないと言えるでしょう。

まとめ

工場勤務、特に期間工の様々な面を見てきました。

そして、トヨタらしい給料や職場環境の良さなども見てきました。

他にもいろいろな会社の工場勤務がありますが、特に寮の充実ぶりはトヨタが随一。

自分の時間を大事にしたい人には本当にお勧めです。

そうでなくとも、トヨタが倒産するなど考えられないこと。仕事がなくなるなどということは決してありません。

更に社員登用についても、トヨタは特に力を入れています。

未来の可能性が拓ける期間工。ぜひ一度視野に入れてみてはいかがでしょうか?